スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

症状のない根尖病巣は悩ましい

 クリック応援が励みになります。 
にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 しばらく更新が滞っていました。また、よろしくお願いします。

 今日は歯医者さんがあまり話したがらないネタを話そうと思います。
 根尖病巣の話です。

 最初に、根尖病巣ってなに?というところから。

 むし歯がひどくなると根っこの治療をしますよね?
 あの細い針のようなもので、ぐりぐりする治療。
 これを根管治療といいます。

 根管治療と一口にいいますが、
 病状や治療内容に幅があります。

 患者さん目線で大きく分けるとこんな感じでしょうか?

 1、
 歯の神経(歯髄)が生きているけれども、神経を取らなければいけなくなって、
 神経を取る治療。

 2、
 歯の神経が死んでしまっていて、
 神経の残骸と細菌をきれいにする治療

 3、
 歯の根の先から膿が出てしまって、
 歯の中だけでなく、その膿もきれいにする治療

 今日の話題は3です。
 レントゲンを撮って、根っこの先に黒い影が写ることがあります。
 これが根尖病巣。
 歯の神経にたまっていた膿が、根っこの先まで出てきてしまった状態です。

 もちろん、
 未治療の歯でも起こるのですが、
 治療後の歯の話でも起こります。
 今日は治療後にできてしまった場合を取り上げます。

 以前にも書きましたが、
 根管治療というのはかなり難しい治療です。
 かなりの割合で再発します。
 つまり、根に薬と硬いゴムをつめて治療を修了した後、
 残っていた細菌が再び活動を始め、根っこの先に膿を作るのです。

 なにしろ神経が入っていた空洞というのは、
 細いし、複雑な形態をしたトンネルです。
 しかも、肉眼で見える範囲は限られます。
 無菌状態にして密閉するというのはかなり難しいです。

 噛んで痛かったり、歯茎がぷくりと腫れたりと症状があるならば、
 当然、治療をします。

 問題になるのは、
 なにも症状がない場合です。

 ただ、レントゲンを見ると黒く写っている。
 こういうことは珍しくありません。

 おそらく、先生の判断は二つに分かれると思います。
 一つは治療をする
 もう一つは様子を見る。

 え、何で治療しないの?
 と思うかもしれません。

 自分が行った治療なら、
 大抵はもう一度治療するのではないかと思います。
 別の先生がやった治療なら様子を見ることも少なくないと思います。

 なぜなら、
 開けるのはリスクが高いからです。

 つまり中がどうなっているのかが分からないです。
 レントゲンから読み取れる情報は少ないです。
 予想外の詰め物が入っていたり、
 歯に穴が開いていたり、ひびが入っていたり、
 根っこの先までたどり着くのが非常に困難な場合があります。

 これはレントゲンで見てわかることですが、
 場合によっては治療用の細い針(リーマーやファイル)が折れて入っていることも。

 もとに戻せなくなって、抜歯せざるを得なくなったり、
 眠っていた細菌を刺激して、痛みなどの急性症状が出てきたり…

 こうなると
 開けてはいけない、
 パンドラの箱だったといえるかもしれません。

 根管治療は患者さんには分かりにくいし、
 見た目だけでは他の先生にも中の状況は分かりません。
 ですから、根管治療には歯医者さんの良心が詰まっているともいえるかもしれません。

 つまり、
 見えないからといい加減なことをしてしまう先生もいれば、
 見えなくても誠心誠意を持って治療をしてくれる先生もいます。

 さちのように根管治療のプロフェッショナルとはいえない先生が、
 そういう歯を開けてしまうと、
 手に終えない事態になることも十分考えられます。

 ですから、レントゲンで黒い影が見えても
 手をつけるかつけないかは判断の難しいところです。

 レントゲンの状態(行った先生の技術などもある程度分かります)や、
 患者さんの希望などを考慮して相談という形になります。

 根尖病巣は、
 前回話題に挙げた病巣感染の原因になるとも言われているので
 放置して『なにも問題ない』とはいえないですしね。
 気づかないうちに大きくなることもあります。
 経過観察は必要です。

 先生によっては、根尖病巣があることを伝えないこともあります。
 それはどうかなと思うのですが。。。
 ただまあ、患者さんによっては、
 デメリットのほうが明らかに大きいと考えられる場合でも
 病気があるなら絶対治してください!という方もおられるので、
 説明が難しいこともあります。

 面倒だから手をつけたくないとかそういうことではないんです。
 治療に手をつけてみても、
 お金をかけて何度も通ってもらって、長い間口を開けてもらって、
 結局、
 膿のところまで到達しなかったり、
 抜歯になったり、
 痛みが出たり、

 いくら患者さんが自分の意志で決めたことだと言っても、
 プロとして予想できる悪いシナリオからは
 患者さんを極力守らないといけません。
 このあたりのさじ加減は本当に難しいです。

 機械を直すのとは違うところです。

 根っこを治療したことがある方は、
 レントゲンを撮ったとき、根っこの先をちょっとチェックしてみるのもいいかもしれません。
 特に年配の方は根尖病巣ができていることが結構あるのではないでしょうか。
 ただし、
 別の原因で黒く写ることもあります。(上顎洞やオトガイ孔が間違えやすい)
 是非、『先生にこれはなんですか?』って聞いてみてほしいです。

 患者さんも知識を持って、先生とコミュニケーションが取れることは、
 医療の向上につながると思っています。

   ~ネットで調べられるインプラント医院~
 (※さちが歯科医院の技術等を保障するものではありません)
症例数多数!インプラントセンター/東京・神奈川
 無料でデンタルCT撮影&相談してくれるようです。詳細はサイトで確認してみてください。
インプラントに関するご相談は【北大阪インプラントセンター】へ!!

多くの症例(レントゲン)を確認できます。歯科医師も多く、幅広い症例に対応しているようです
渋谷の歯科医院
 無痛治療(静脈内鎮静法や笑気など)を積極的にしているようです。
渋谷インプラントセンター施術数国内No.1のインプラント専門医院
スポンサーサイト

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

line

comment

Secret

こんばんは

なんだか難しい領域ですね。
機械でしたら熱湯消毒する事で、熱が配管等を伝わりデッドスペースまで消毒できると考えられていますが・・・
口の中に熱湯を注ぐわけにはいかないですものね。

Nishiさん、こんばんは

> なんだか難しい領域ですね。
> 機械でしたら熱湯消毒する事で、熱が配管等を伝わりデッドスペースまで消毒できると考えられていますが・・・
> 口の中に熱湯を注ぐわけにはいかないですものね。

 いろいろと方法はあるのですが、
 なにぶん、天然の複雑なものが相手なので、
 どうにも技術的に困難なものもあります。
 できることなら、高温高圧で滅菌したいくらいです(笑)

 微妙な指先の感覚で、中の状況を把握しないといけません。
 ベテランの先生は『(自分の)指先に目がついている』などとおっしゃいます。
 これぞ、職人芸、プロだと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
line
line

line
プロフィール

むら☆さち

Author:むら☆さち
FC2デビューしました~♪
現役歯科医では書けないようなネタや、
家庭での予防(特に子ども)、
上手な歯医者さん選び方や付き合い方など
紹介できればと思っています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
リンク


クリックが励みになります。
よろしくお願いします↓ にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


~歯科医院情報~
☆注☆
さちが医院等の質を
保証するものではありません

矯正(2件)
舌側矯正(裏側矯正)

アクトレス矯正ほか、審美歯科のQ&Aでお悩みすっきり。無料相談、予約受付


インプラント(5件)
症例数多数!インプラントセンター/東京・神奈川

渋谷の歯科医院

渋谷インプラントセンター

施術数国内No.1のインプラント専門医院

インプラントに関するご相談は【北大阪インプラントセンター】へ!!



~口コミ&体験記~
あんな外科!? こんな内科!? 医療リンク.com
アナタの口コミを募集中




病気体験記

~薬の購入~





~在宅ヘルスチェック~
血液検査





血液検査

~その他ヘルスネタ~





日本医科大学健診医療センター


~医療従事者の求人~



医師 転職
医師転職 医師求人 薬剤師等の転職紹介【リプレス】


医師 転職
医師の求人情報はドクターズエキスパート


薬剤師・看護師転職
薬剤師・看護師・医療福祉の転職支援はアイデムエキスパート


薬剤師 募集
薬剤師 募集


~医療従事者向け商品~
iコール診療予約システム i-call(アイコール) 診療予約システム i-call(アイコール)
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。